息子の幼稚園受験と親の気持ち

息子が幼稚園の受験を控えています。受験に関しては幼稚園ではなく、小学校からでも良いのではないか、経験させるにはまだ幼過ぎないかという意見も出て、両家総出で揉めたのですが、最終的には、私達夫婦の意向を汲んでもらい、幼稚園から受験をすることになりました。年齢の事だけで考えると、確かに息子は幼いですし、まだ可愛そうという気持ちもあります。けれど、早く始めれば、万が一の事があっても、それだけチャンスが後に残されているということに繋がりますし、受かってしまえば、その後が格段に楽になります。若いうちに、出来るだけ多くの時間を好きな事や大きな世界を見るという、学業以外のことにも使って欲しいので、少しでも早いうちに合格を勝ち取って欲しいというのが親の気持ちです。見守ってくれている両家の祖父母のためにも、自分のためにも、息子には頑張って乗り越えて欲しいです。

幼稚園が初めての受験になります

元々受験に関しては、小学校からにしようと考えてたため、正直に言うと、幼稚園については殆ど考えていませんでした。けれど、先日、両親や義母と話し、娘には幼稚園から受験させることにしました。というのも、結果はともかく、なるべく早いうちに、受験という独特の雰囲気に慣らせておくことが大切だと言われたからです。確かに、幼稚園であれば、まだ幼いので経験しておいても、大きくなったら忘れている可能性もあります。それに、結果が芳しくなかったとしても、余程の事がない限り、何時までも覚えていて引き摺ってしまうという可能性は少ない様に感じます。その次のステップや長い目で見ると、幼いうちから経験値を溜めておくということはとても大切です。急遽決まったことなので、準備も用意も万端というわけには行きませんが、娘の足を引っ張らない様、頑張りたいです。

幼稚園受験経験者の友人が頼りです

息子の受験で悩んでいます。というのも、幼稚園を受験させるなら、そろそろ動き出さなくてはいけません。けれど、初心者の私にとっては不安がいっぱいですし、準備期間も十分にあるとは思えず、ついつい尻込みをしてしまいそうです。まだまだ幼く可愛い盛りの息子に、今までとは一転して、用意させて行くというのは、どうも気がひけてしまいます。ただ、いずれ経験しなくてはいけないなら、早いうちに済ませてやりたいという気持ちもあり、迷ってしまいます。頼りになるのは、すでに幼稚園受験で見事合格を勝ち取った経験者の友人です。やはり、経験者の話や意見は何よりも参考になりますし、躓きそうな所を教えてくれたり、ああしていれば良かったなど実体験を交えて話をしてくれるところが分かり易いです。今までも何度も相談したり、話を聞いたりしていますが、未だに答えが出ません。そろそろどうするのか、きちんと考えを出さなくてはいけません。

1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 受験対策を幼稚園から【伸芽会】