一枚板のテーブルならウォールナットはいかがですか

ウォールナット材は、様々な家具に使用されます。日本ではクルミといいます。原産地は、ヨーロッパ南西部からアジア西部になります。木肌や木目が美しく歳を重ねるごとに味わい深くなってきます。落ち着いた色と雰囲気がいいのが家具の素材として喜ばれる理由です。材料としては、衝撃に強い重厚で狂いが少ない材料です。特に加工がしやすいこともあり、テーブルなどによく用いられます。昔からヨーロッパでは、家具に使用される材料として人気があります。一枚板の立派なテーブルが家庭にあります。調度品として落ち着きがあり、格調ある家具として重宝されています。ウォールナット材は、見た目の美しさと材料としての優れた性質から「マホガニー」「チーク」と並んで世界の三大銘木といわれる高級材です。

家具の材料として優れた素材だといえる点

家具として使われる主な素材には、3つの種類があります。そのままの木そのものの素材を使った無垢材、上の表面だけ木の素材を使って合板と張り合わせるのが突板、表面自体は印刷で合板と張り合わせる印刷の3つです。もちろんですが、無垢材が高級であることは間違いありません。
素材の厚みも高級感に関係してきます、3~4㎝ぐらいの厚さの家具が一般的です。家具の素材としてとても人気があります。素材自体が、濃い色の木目が特徴で美しくきれいなので、どんな家具にも相性がよく、高級に見えます。無垢材で作ったテーブルは、厚みがあって格調があります。
元となるなるくるみの木材には、いろいろな種類があります。ちょっと色の悪いものにブラウンで着色して濃い色をだしているものもありますから見分けが大切です。

家具の素材には一枚板がいいです

ウォールナットは、原産地でも需要の高さから、伐採が行われすぎたため資源が少なくなっているというのが現状です。そのため良質な幅の広い材料などの調達が困難で、一枚板の無垢材でつくったテーブルは非常に価値がある高級品です。
食事を作るダイニングテーブルにもよく使われる素材で、あたたかな感じが何とも言えないくつろぎを感じさせます。無垢材の良さで、個性的な木目と、深みのある褐色の色合いもこの素材ならではの高級感を味わえます。機能性と美しさを兼ね備えている無垢材のダイニングテーブルは、長く使えるだけではなく、家族が集まる食卓を心地よい空間に作り上げてくれます。サラサラとした手触りや、しっとりしたさりげないツヤ、これこそこの素材がテーブルにあっているのを感じさせてくれます。