ウォールナットと一枚板について

ウォールナットとは黒クルミとも呼ばれるクルミ科の植物のことで主にアメリカ東部やカナダのオンタリオ州などに分布しています。工芸品や床材、楽器の素材として使われるこの木材は衝撃に耐える力が強いだけではなく加工や接着性が高いという特徴があります。木目の狂いが少なく木肌が美しいため高級家具にもよく利用されます。
適度の油分が含んでいるため光沢があり、使用し続けることで風合いが増します。色目は自然のものなので木によって多少異なりますが温かみのある茶色となっています。
西洋では富の象徴とされることもあり、ミラノ大聖堂などにも使用されています。洋風の部屋はもちろん和室にも合わせやすく重厚感をだせるため根強い人気があります。世界三大銘木の一つにも挙げられる木材です。

長年使う家具なら一枚板を使用したものを

木材といっても色々な種類がありますが長年同じものを使い続けたいと思っているのなら一枚板を使用した家具がおすすめです。文字通り1本の丸太から木材を切り出した一枚物となっているのでつぎはぎの木材を使用した家具とは耐久性が変わってきます。場合によっては4~5倍も強度が変わってくるので同じ家具を大事に使用し続けたい方におすすめの木材です。
この木材の魅力は耐久性が強いだけではなく木本来の気品や風格を楽しめる点です。デメリットとしては最低5年ほどは乾燥させなければ木材本来の機能が落ちてしまうため手間がかかり、その分値段が高くなってしまう点です。
乾燥が十分にされていない場合には割れてしまう恐れもあるのでこの木材を使用した家具などを購入する場合には乾燥させた年数を聞いてから購入することをおすすめします。

ウォールナットの一枚板を使用した家具の魅力

一枚の板で仕立てたウォールナットの家具はクルミの木の特徴である美しい木目や色合いと抜群の耐久性を兼ね備えいるという魅力があります。存在感があるので部屋のポイントと使用すると良いでしょう。
無垢の家具は経年変化があるため人の手や部屋の空気に触れることでも変化し、艶や風合いが増していくため一つとして同じものはありません。この木材は一本ごとに木目の特徴や色味が変わってくるので部屋に個性を出したい方にもおすすめです。
ダイニングテーブルやカウンターテーブル、テレビボードなどに使用すればナチュラルながらも風格のある部屋にすることができます。一生ものの家具や子供に引き継ぐことができる家具を手に入れたいと思った時の選択肢のひとつにしてみてはいかがでしょうか。